水垣公認会計士事務所
トップページご質問・ご意見求人募集メルマガ
スローガン
経営理念
業務案内
事業所紹介
求人募集
今月のコラム
リンク
起業家Q&A
起業家のための10のアンサー
詳しく はこちら
セミナー案内
お見積りをご希望の方はこちら
想定外
今年もまた確定申告の季節がやって来ました。今、会計事務所の仕事はピークを迎えていますが、その一方で、毎日底冷えする寒さが続いています。雪には慣れているはずの北陸地方でも、今年は豪雪に見舞われました。道路等のライフラインが機能せず、日常生活にも大きな支障が出ているようです。東京で10p位の積雪で大騒ぎしているのとは訳が違い、北陸地方の今年の積雪はケタ違いの積雪です。北陸地方の会計事務所は東京の会計事務所より更に大変な思いをしていることでしょう。確定申告だけではなく大雪とも格闘しなければならず、格闘する相手が東京より1つ多くなります。確定申告の季節がやって来たように、これからも季節は確実に巡って来るはずですが、春はまだ当分先のようです。春を迎えるために、ここはもう一頑張り、頑張りどころです。

さて、そんな確定申告の繁忙期、今年は例年に増して事務所内は混乱しています。こうなると混乱が事務所の常態になっています。事の始まりは、さあ、いよいよこれから確定申告、という2月上旬に事務所のスタッフの1人が突然入院してしまったことにあります。その少し前、インフルエンザを患って仕事を何日か休みましたが、本人曰く、それも治り、おかげさまで元気になりましたと仕事に復帰してきました。しかし、それも束の間、今度は風邪をこじらせたとかで自宅で急に具合が悪くなり、そのまま入院してしまいました。翌朝、家族からの電話で知りました。入院を境に、まるで神隠しにでもあったかのように、事務所からその姿が忽然と消えてしまいました。

入院以降、当人からの連絡は完全に途絶え、彼が抱えていた仕事だけが事務所の中で宙に浮いてしまいました。入院中でもあり、かつ、当人の体調も思わしくない状態であり、そんな病人を捕まえて、いくら仕事とは言え、アレ・コレ打合せすることも叶わず、仕事の引き継ぎすらままならなくなってしまいました。当初は、風邪をこじらせた程度なら、点滴でもすればあまり心配しなくともそのうち元気になるだろう位に、楽観的に考えていました。しかし、素人が考えるほど病気は甘くないようです。情報が不足していることもありますが、空白の時が流れるだけで、心配が募ります。ご家族のお話では、入院以降、何度も検査を繰り返しているそうですが、担当の医師からは未だ正式な病名すら告げられていない状態だそうです。どうなっているのか、これからどうなるのか全く分かりません。

当然の事ながら、退院の時期や仕事に復帰する目途は一切たっていません。時期も時期、この時期に、よもやこんな事が起ころうとは全くもって想定外の緊急事態です。何だかんだと自分の想定外のことが起こるのは、自分の想像力が貧困なせいなのか、リスク認識が甘いせいなのか、それとも運が悪いだけなのか…?嘆きは深まるばかりで、良い知恵は何一つ浮かんで来ません。当人には、一日も早く元気になって欲しいと願っていますが、今はそっと経過を見守るしかありません。

それにしても、これまでもそうでしたが、何かちょっとした事が起こるたびに組織がガタガタと大きく揺れ動き、慌てふためくと言うのは何て底の浅い組織なんだろうかと痛感します。30年近くこの仕事をしてきて、自分の築いてきたものは底が浅いだけではなく、僅かな衝撃で簡単に瓦解してしまうような脆い硝子細工のような組織でした。強靭な強化硝子製の組織を築きたかったのですが、それは夢のまた夢だったようです。自分の力のなさに、苦笑するほかありません…。

このままでは、美味しいお酒は当分飲めなくなってしまいそうです。とりあえず1人反省会でもして、どんな味がするか、お酒の味を今夜にでも確認してみようかなぁ〜。
▲このページのトップへ戻る
バックナンバー
水垣公認会計士事務所
東京都足立区綾瀬4−24−13
TEL:03-5697-8666 E-Mail:
info@mizugaki-kaikei.com
サイトマップ