水垣公認会計士事務所
トップページご質問・ご意見求人募集メルマガ
スローガン
経営理念
業務案内
事業所紹介
求人募集
今月のコラム
リンク
起業家Q&A
起業家のための10のアンサー
詳しく はこちら
セミナー案内
お見積りをご希望の方はこちら
まさか
秋は、私の脇を足早に駆け抜けて行きます。黄金色に色づいた銀杏の樹々は、散り急ぐように黄金色の絨毯を舗道に敷き詰めていきます。青く澄んだ秋の晴れた日、カサカサと音を立てながら枯葉を踏みしめて歩くのは、まるで子供の昔に戻ったようで楽しいものです。

さて、今月行なわれたアメリカ大統領選挙では、大方の予想に反してトランプ候補が勝利しました。下馬評では、大接戦だが最終的にはクリントン候補が優位であるという見方が一般的でした。稀にみる不人気候補同士の選挙戦でしたが、結局は消去法でクリントン候補が選ばれると思っていた私にとっても、予想外のまさかの結果でした。トランプ候補は女性蔑視発言や人種差別・過激発言もあったので、その意味からも意外な結果でした。アメリカは次期大統領にオバマ大統領の現状路線の継承ではなく、大胆な変化を求めたということなのでしょうか?この結果、今後のアメリカがどうなるか不透明さが増し、アメリカだけでなく日本を含めた世界の不透明さも増す、というのが一般的な見方です。それにしても、イギリスのEU離脱、トランプ次期大統領の誕生、東京で11月に初雪、まさかの連続です。とかくこの世はまさかに満ちています。大きなまさかもあれば、小さなまさかもあり、まさかのオンパレードです。

会社経営でも色々なまさかがあります。まさかあの会社の手形が不渡りになるとは、まさかクレームが起きるとは、まさかあの人が辞めるとは、まさか求人でこんなに苦労するとは…etc。どんなにリスクマネジメントしようが想像力を働かせようが、まさかは起きます。すべてのまさかを回避することはできません。経営者といえど生身の人間、まさかに直面すれば驚き、そして時に動揺します。まさかは心臓にもよくありません。しかし、まさかの中には全く青天の霹靂のように回避できないものもあれば、事前に対策が可能なまさかもたくさんあります。大きなまさかや小さなまさかがあるように、避けられないまさかもあれば避けられるまさかもあります。

ちょっとした油断やちょっとした怠慢から起こるまさかは避けられるまさかです。昔から治に居て乱を忘れず、備えあれば憂いなしと言いますが、日頃から注意を怠らず、しっかりと備えることによって回避できます。まさかの数だけ対策はありますが、事前にまさかの芽を摘むことができるのなら、摘んでしまうに越したことはありません。会社経営でまさかが多いと嘆くのは、ある意味危機感の欠如です。それはぬるま湯のような現状の居心地の良さに安住してしまっているという証しのまさかなのかもしれません…。「まさか」と嘆く前に考えたいものです。そうは言っても、まさか…!
▲このページのトップへ戻る
バックナンバー
水垣公認会計士事務所
東京都足立区綾瀬4−24−13
TEL:03-5697-8666 E-Mail:
info@mizugaki-kaikei.com
サイトマップ