水垣公認会計士事務所
トップページご質問・ご意見求人募集メルマガ
スローガン
経営理念
業務案内
事業所紹介
求人募集
今月のコラム
リンク
起業家Q&A
起業家のための10のアンサー
詳しく はこちら
セミナー案内
お見積りをご希望の方はこちら
2017年 12月のコラム
経営者の仕事
毎年のことながら、この時期は一年の早さを実感する時期です。振り返れば一年はアッという間ですが、そのアッという間にもたくさんの一喜一憂がありました。他の人から見れば何とも平々凡々な日々のように見えますが、平々凡々にも平々凡々なりの一喜一憂があります。今年の仕事納めまで残り一ヶ月ですが、もう少し一喜一憂することでしょう。

さて、年の瀬が近づいたからという訳ではありませんが、自分の仕事を振り返ると、自分が今やっている仕事は経営者として本来自分がすべき仕事なのかなぁ〜、これでいいのかなぁ〜という思いが頭をよぎる時があります。その仕事は、取りあえず必要があってやっているのですが、だからと言って必ずしも自分がやらなければいけない仕事ではないように思えます。そんな思いで、今、自分のやっている仕事の一つひとつを点検していくと、経営者が本来すべき仕事とはずいぶんとかけ離れた仕事に多くの時間を費やしています。その中には、単に惰性的にやっている仕事もたくさんあるし、また、日々の目先の仕事に追われていることもたくさんあります。今の仕事を総ざらいして、経営者として本来すべき仕事とはかけ離れた仕事であれば、それらの仕事は切り捨てるか、誰かに任せるかして、本来の仕事に集中しなければなりません。とは言え、任せるにしても皆もそれなりに手一杯で、適当な人がいないというのも悩みの種です。言い訳がましくなりますが、いつもぎりぎりの人・もの・金の中で何とかやり繰りしているのが実情だからです。しかし、経営者の仕事は経営者自身がやらなければ、誰も替わりにはやってくれないことも事実です。

では、経営者本来の仕事は何かとなると、スンナリとは答えが出て来ません。人手不足が経営のネックになっているのであれば、人手不足の解消を図らなければなりません。資金繰りに窮しているのであれば、資金調達して資金繰りを改善しなければなりません。売上が低迷しているのであれば、営業開拓して売上を伸ばす努力をしなければなりません…etc。それぞれの経営毎に、それぞれの経営課題があります。

経営者本来の仕事の一つは、自社が抱えている経営課題を的確に認識することです。経営課題が見えなければ、経営者として何をすべきかという経営者本来の仕事を見つけることはできません。経営課題を認識したならその次は、それぞれの経営課題に優先順位をつけることであり、優先順位にそって有効な対策を講じることが、経営者本来の仕事です。経営者にとって利用できるカードは限られています。一つひとつ着実に課題を克服していく必要があります。そして、その次には、目的を達成するまで皆のモチベーションを維持し、努力を継続することが経営者本来の仕事です。薬を飲んでもすぐ病気が治るとは限らないように、課題によっては効果が得られるまで時間がかかりますが、最後までやり遂げなければなりません。

経営者本来の仕事は何かという問いは、経営課題は何かという問いでもあります。個々の会社毎に経営課題に違いがあり、個々の経営者毎に本来の仕事に違いがあります。一律ではありません。そんなことはお前に言われなくとも百も承知だという声がどこからか聞こえてきます。確かに百も承知かもしれませんが、ともすれば日々の目先の仕事に追われて、百も承知のことを後回しにしてしまいがちなことも事実です。それがどんなに困難な課題であっても、経営課題から目を背けたり、対応を後回しにすることは経営者の仕事ではありません。浜の真砂が尽きないように経営課題も尽きませんが、これからも少しだけ一喜一憂しながら頑張っていきたいと思います。
 
▲このページのトップへ戻る
バックナンバー
水垣公認会計士事務所
東京都足立区綾瀬4−24−13
TEL:03-5697-8666 E-Mail:
info@mizugaki-kaikei.com
サイトマップ