メニュー

新電力 - 水垣公認会計士・税理士事務所|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

水垣公認会計士事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

新電力

カテゴリ: コラム 作成日:2018年05月25日(金)

 

ところが、昨年の秋口、たまたま新電力会社の営業の話を聞く機会がありました。その日は、事務所にいてヒマだったのか、虫の居所が良かったのでしょう。門前払いせずにお茶を出しました。その営業曰く、「東電の電気料の請求明細を過去1年分ご用意頂ければ、弊社の電気料のお見積りをさせて頂きます。電気料は今よりお安くなり、お客様にはメリットがあります。」 請求書1年分! 

これだから面倒くさいと文句を言いながらも請求書を揃え、後日、先方に渡しました。しばらくして、件の営業が電気料の見積書を持参してきました。それによると、長期割引料金適用の今の東電の電気料より、更に1割程度安くなります。たかが1割、されど1割! 東電でも新電力会社でも、電気には差がありません。

 

差があるのは料金だけです。ということで、東電との契約期間満了をもって、新電力に切り替えました。今思えば、遅きに失しました。特別高圧・高圧分野(大口需要家用)は2000年以降、低圧分野(一般家庭用)は2016年4月以降、電気料金が自由化されました。しかし、事前の市場調査で予測したほど、自由化以降、新電力への切り替えがすすんでいません。

 

2017年7月、資源エネルギー庁は『電力小売全面自由化の進捗状況』を発表しました。それによれば、特別高圧・高圧分野の新電力シェアは12%、低圧分野の新電力シェアは4%と低調です。自由化に伴い、新電力に切り替えることによって電気料が安くなり、メリットを受ける可能性のある潜在的なユーザーは12%や4%ではなく、もっと多いはずです。

 

これには、資源エネルギー庁も、折角、自由化したのに、と首をかしげたことでしょう。自由化の笛吹けど、踊らずというところです。もしも、今後ヒマでかつ虫の居所が良い日があったら、新電力の営業を門前払いにしないで、お茶でも出し、話を聞いてみるのも良いのではないでしょうか?

 

ただし、小生、新電力の代理店でもアンチ東電でもありません。また、押し売りする気もありません。今思えば、あの時もっと早く行動を起こすべきだったと思っているだけです…。

Copyright © 水垣公認会計士事務所 All Rights Reserved.-ログイン-