メニュー

夏が来た - 水垣公認会計士・税理士事務所|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

水垣公認会計士事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

夏が来た

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2020年08月07日(金)

 

 8月になり、暦が変わるのを待っていたかのように長かった梅雨が明けました。梅雨の間は早く梅雨が明け、夏が来ないものかと夏を心待ちにしていましたが、やって来たのは強烈な夏でした。1ヶ月以上も雨暮らしで、人も農作物も日照不足だったので容赦のない直射日光に戸惑い、あまりの急展開に身体は悲鳴をあげます。特に、コロナウイルス感染対策上どこへ行くにも、そして何をするにもマスクが必要なので、余計に暑さが増します。雨ばかり降ると散々文句を云っていたのに、今度は暑いと文句を云って、何とも我儘なものです。

 さて、夏が来れば夏休み。今年の夏休みは、昨年までとは様変わりになりそうです。コロナ緊急事態宣言で学校閉鎖になったおかげで、子供たちの夏休みは短縮されてしまいました。学校のプールでは泳げず、海の家は閉鎖され、子供たちにとっても制約だらけの夏休みです。水垣会計では有給休暇の消化もかねて9連休にしましたが、在宅勤務等を継続している会社もあるので、いつもの夏休みとは違う対応をする会社も増えていることでしょう。

 旧盆の頃は、例年なら、海外旅行のための出国ラッシュやふる里への帰省ラッシュがあり、民族大移動がありました。今年はどうなるのでしょうか? 昨年までのように、ぞろぞろと海外旅行に出かけるとは思えません。コロナウイルスの抑え込みに成功した国もありますが、旅行先としては人気がありません。それに、万が一、空港で隔離でもされたら悲劇です。仕方なく、GoToトラベルで国内旅行に切り換える人はいることでしょう。しかし、いくら政府推奨でも、旅行先で歓迎されるとは限りません。地元の人の白い目を気にして、ホテルに缶詰めになる可能性すらあります。

 また、ふる里への帰省も悩みの種です。今年は帰省を控えて欲しいと要望している県知事もいるくらいです。県知事にそんな事を言う権限があるのかとも思いますが、それぞれの事情を抱えています。帰省したいのは山々ですが、感染者が多く出ている都会からの帰省となると、おじいちゃんやおばあちゃんを危険に晒すことにもなりかねず、躊躇せざるを得ません。ハムレットの嘆きのように、帰るべきか帰らざるべきか、悩むことになりそうです。

 夏が来て、暑くなればコロナウイルスは心配なくなるという噂もいっときありましたが、どうやらフェイクのようです。インフルエンザと違ってコロナウイルスは夏の暑さにも充分強く、現状では、季節に係わらず一年中私たちの日常生活を脅かす存在になりそうです。画期的な特効薬が開発されるまで、3密を避け、マスク&消毒で自己防衛するしかありません。

 それに、水分補給もお忘れなく。

Copyright © 水垣公認会計士事務所 All Rights Reserved.-ログイン-