メニュー

プラネタリウム - 水垣公認会計士・税理士事務所|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

水垣公認会計士事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

プラネタリウム

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2019年08月23日(金)

 

毎日、猛暑が続きます。昼も夜も、こう暑いとどこにも居場所がありません。暑さから逃れるすべもなく、息も絶え絶えですが、8月下旬ともなればもう少しの辛抱でしょうか?

 

さて、8月、朝から暑かった休日、急にプラネタリウムへ行こうと思い立ちました。自宅から自転車で10分程のところに、市川市の図書館と千葉県立現代産業科学館があり、科学館の中にプラネタリウムがあります。これまでにも何度か行ったことがありますが、それも随分昔のことです。夏休み中なので混雑しているでしょうが、ひととき満天の星空でも眺めたら暑さを忘れることが出来るかもしれません。早速、自転車に乗って行きました。

 

10時前に着くと、入口でパンフレットを渡されました。ちょうど開館25周年記念の上映会をやっていました。入場料は一般500円です。しかし、パンフレットには、中学生以下と65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方は無料とあります。65歳以上なので、ちょっぴり申し訳ないような、ちょっぴり疎外されたような気持ちになります。社会から戦力外通告を受けたような…。だからと言って年齢を詐称して500円支払う必要もないので、おとなしく無料で入場しました。65歳以上でごめん、お役に立てずごめん。

 

案の定、親子連れで混雑していましたが、待つことしばし、やがて暗くなり上映が始まりました。座席をリクライニングにして見上げると、直径23mのドームの天井いっぱいに満天の星が現われました。全身が満天の星にすっぽり包まれたようで、心地良くなります。気持ちが良いので、ついついウトウトしてしまいました。何しろ65歳以上なので仕方ありません。日常生活ではゆっくり夜空を見上げることなどないし、よしんば夜空を見上げてもこれほどたくさんの星々を目にすることはできません。私たちの頭上には本当にこんなにたくさんの星々が存在するのかと思うほどたくさんの星があり、夜空は賑やかです。満天の星空は、見る者をのどかで幸せな気持ちにしてくれます。壮大な宇宙のロマンを感じます。

 

つい最近では、謎の天体ブラックホールが観測されたことが大きな話題になりました。人類が初めて目にしたブラックホールは鮮やかな赤いリングに囲まれていました。しかし、星のまたたきから空想するほど現実の宇宙は平穏でもなく、静止している訳でもありません。そう思うのは人間的スケールで考えているからであって、宇宙的スケールで考えれば宇宙は常にダイナミックに活動し、その姿を変えています。ロマンチックというよりむしろ想像を絶する過酷な世界です。

 

宇宙誕生のビックバン以来、宇宙は膨張しつづけ、その膨張スピードは加速度を増しています。私たちの天の川銀河は、周囲にあったもっと小さな銀河と何度も衝突・合体を繰り返し今の姿に成長しました。星の生死は日常的に繰り返され、ブラックホールは猛威を奮っています。そのスケールの壮大さは、想像するだけでも人間的な日常生活のこせこせしたストレスなど粉々に吹き飛ばしてくれる効果がありそうです。時には、自分の小さな尺度など投げ出し、もっと大きな尺度で物事を見ることが出来たなら、新たな発見がたくさんあることでしょう。夜空の星は、そのヒントになるのかもしれません…。

猛暑の夏のおすすめが3つあります。1つ、ギンギンに冷えた生ビール、2つ、夜空を焦す打ち上げ花火、3つ、日盛りのプラネタリウム。

Copyright © 水垣公認会計士事務所 All Rights Reserved.-ログイン-