メニュー

睡眠負債 - 水垣公認会計士・税理士事務所|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

水垣公認会計士事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

睡眠負債

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2019年08月09日(金)

 

雨また雨の長かった梅雨が明けると、いきなりの猛暑になりました。心の準備も身体の準備も何もないままに、日中の最高気温はグングン上昇し、35℃を超える日が続きます。ほんの少し前までは日照不足を心配し、あんなに恋しかったはずの太陽の日差しだったのですが…。暑さは日中だけではなく、夜は夜で熱帯夜となり、寝苦しい夜が続きます。昼夜を問わず、熱中症に注意が必要です。

 

現代人のおよそ4割は睡眠負債を抱えているそうですが、この暑さでは睡眠負債を抱える人は更に倍増することでしょう。安眠できる人は幸せです。

 

睡眠時間が6時間以下だと睡眠不足状態で、睡眠負債となって少しづつ蓄積されるそうです。睡眠負債の蓄積は、日常生活の質を低下させ(注意力・集中力の低下等)、様々な病気のリスクを高める(がん・認知症のリスク等)ことになるそうです。そうなると、たかが睡眠不足と無視することもできません。また、単に睡眠時間だけではなく、加齢とともに眠りは浅くなり、しかも夜中にトイレで睡眠が中断され、眠りの質も問題です。

 

今のところ自覚症状はありませんが、私も睡眠負債がだいぶ蓄積されているのかもしれません。世間を騒がせた老後資金2000万円問題がありますが、今頃は老後資金として2000万円蓄積していなければならない年齢なのに、どうやら蓄積されていたのは資産ではなく負債だったようです。

 

日頃、企業経営から生じる様々なストレスを抱え、眠れぬ夜を過ごすことの多い経営者となると睡眠負債は深刻です。眠れぬ夜、転々と寝返りを打っているうちに睡眠負債が雪だるまのように蓄積されかねません。

 

銀行は比較的簡単に融資してくれますが、だからと言って返済が楽にできるとは限りません。借りられるのと返せるのは別です。いくら低金利でも借り過ぎは要注意です。

 

社員を募集するための求人会社はたくさんありますが、だからと言って採用が楽にできるとは限りません。募集するのと採用できるのは別です。いくら人手不足でも募集費用のタレ流しは要注意です。

 

仕事はそれなりにありますが、だからと言って利益が楽に出るとは限りません。仕事をするのと利益を出すのは別です。いくら仕事でも儲からない仕事は要注意です。

 

悩める経営者にとって、眠れぬ夜の悩みの種は尽きることはありません。

 

睡眠負債を解消しようと、休日などに『寝だめ』するのはかえって生活のリズムを乱し、逆効果だそうです。毎日の規則正しい生活習慣の中で少しづつ睡眠負債を解消するしかありません。会社の負債も睡眠負債も負債を解消するコツが2つあります。

『コツ・コツ』

Copyright © 水垣公認会計士事務所 All Rights Reserved.-ログイン-