メニュー

新緑 - 水垣公認会計士・税理士事務所|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

水垣公認会計士事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

新緑

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2019年05月24日(金)

 

満開の桜も散ってしばらく経った頃、気付けば新緑の眩しい季節になりました。五月晴れの日曜、澄んだ青空に誘われて、桜の若葉が緑のトンネルのようになった桜並木を歩きました。緑色の清々しい風が私の身体をすり抜け、デドックスして行きます。歩くほどに若返りそうで、目にするものすべてが瑞々しく、生命の輝きに溢れています。そんな新緑を見ていると、自分には果たしてこんな輝いていた季節があったのかなぁ~という疑問が湧いてきます。

 

人生60年を過ぎ、人並みに若い頃があったので、青春時代がそうだと言われればそうなのかもしれませんが、今、目にしているこの新緑のように輝いてはいませんでした。くすんだまま、アッという間に過ぎてしまいました。今更どうしようもありませんが、新緑は諦め、遅ればせながらせめて紅葉では何とか輝けると良いのですが…。

 

さて、あまりにも長かったゴールデンウィーク明け、個人的に銀行の融資を受けようと、不本意ながら銀行に融資の申し込みに行きました。申し込みには個人的な資料を多量に渡す必要があるので、それをあちこちにバラ撒くのは気がすすみません。プライバシーをズケズケと侵害されたくもありません。そこで、銀行は近くの地銀とメガバンクの2行に絞りました。それぞれに融資申し込みの理由を説明し、持参の資料を渡し、希望を伝えました。

 

私の話を一通り聞いた銀行の反応は、判で押したように同じでした。銀行の横並びは昔から有名ですが、それにしてもまるで口裏合せでもしているかのように同じでした。今から15年程前に融資を受けた時と全く同じ印象で、旧態依然とした対応で昔と何も変わっていないことにも驚きました。まるで進歩がありません。あまたある銀行の中で、自らの存在をアピールするように差別化することもなく、徹底した横並び主義です。それなら今のように数多くの銀行は不要です。同じレシピ、同じ味のラーメン屋なら、たとえ駅前でもラーメン屋など何件もいりません。それは、ラーメン屋も銀行も同じことでしょう。低金利、人口減少、オーバーバンキングの時代なのに、そんな時代の危機感が少しも伝わってきません。

 

余計なお世話だ! お金を借りに来たくせに、お前ごときにそんな事を言われたくない、と反論されそうです。ごもっともですが、これでも他人事ながらちょっぴり心配しているのです。

 

銀行では、シーラカンスのような目で私を見て、アンモナイトのような耳で私の話を聞き、三葉虫のような頭で私を査定しようとしているかのようでした。だから審査に2週間もかかるのでしょう。もしかすると、私を駅の高架下のホームレスと勘違いしているのかもしれません…。それにしても、人を見る目がないネ。私の申し込みを受けて、その場で融資を即断即決できないようでは地銀にしてもメガバンクにしてもこれから先が思いやられます。

本当に大丈夫かなぁ~? まあ、大丈夫でも大丈夫でなくても、とりあえず融資は宜しくお願いします。金利? 勿論マイナス金利でなくとも結構です。そこまで厚かましくありません…。

Copyright © 水垣公認会計士事務所 All Rights Reserved.-ログイン-