メニュー

今月のコラム - 税理士法人水垣会計パートナーズ|東京都足立区・葛飾区の会計・税務事務所

03-5697-8666
9:00-17:00(土日祝を除く)

今月のコラム

システム変更

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年08月25日(水)

 新型コロナウイルス感染状況は、感染爆発とも云える状況です。これまで経験してきた緊急事態宣言下での感染ピークとは明らかに次元が異なり、いままでの感染ピークの波はさざ波程度だったように思えてきます。今回の第5波はまさに津波級で、津波パワーに一気に飲み込まれてしまいかねません。老いも若きも年齢に関係なく、感染のレッドカードをいつ突き付けられてもおかしくありません。デルタ株恐るべしです。

残念な夏

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年08月06日(金)

  今年の夏も昨年同様に、新型コロナウイルスの影響で残念な夏になりました。まさか2年連続でこんなことになるとは予想もしていませんでした。変異株のデルタ株の感染力は強力で、どうにもこうにも感染の勢いが止まりません。それどころか、8月に入って酷暑に呼応するかのようにその勢いを増し、1日の感染者数が過去最多を記録する地域が全国的に急増しています。こうなると中途半端な緊急事態宣言やまん延防止等重点措置ではなく、ロックダウンすら実現味を帯びて来ます。

迷走

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年07月21日(水)

 いきなり梅雨が明け、いきなり連日の猛暑日です。まだ暑さにも慣れず熱中症対策だけでも一苦労ですが、昨年に続きマスクが手放せない2度目の夏です。巷では、ハンディタイプの扇風機を手にしている若い女性をよく見かけますが、効果があるのか単なるファッションなのか不明です。今流行のファン付き作業服のように、ファン付きマスクはないのでしょうか?

裏金

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年07月12日(月)

 6月末、大手ゼネコン鹿島の東北支店元営業部長による所得税脱税がニュースになりました。

 個人所得2億2千万円を申告せず、所得税約8,300万円を脱税したそうです。一介のサラリーマンにしては多額の脱税ですが、それが東日本大震災の復興事業に絡む裏金の脱税だったので注目されました。

在宅勤務

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年06月25日(金)

 新型コロナウィルス感染症対策の一環で、国は会社等に対して出勤者の7割削減を要請しています。いきなり7割削減は無茶な要請ですが、これを機にこれまでの働き方を見直そうと努力している会社もあります。もし、テレワーク導入で月の出勤日数が減少すれば、通勤定期は無駄になります。定期代の代わりに出勤日数分の交通費を実費精算すれば良く、会社にとってはかえって経費削減になります。そして、新たな働き方は、新たな税務問題を発生させています。

モデルナワクチン

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年06月14日(月)

 4月からスタートしたワクチン接種も、早や6月入り。3月決算も一段落したことだし、早く自分の順番が巡って来ないものかと、首を長―くして待っていました。性格的には順番待ちは大嫌いですが、だからと言ってどうなるものでもありません。

テレワーク

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年05月21日(金)

 今年は梅雨入りが早いようです。3度目になる緊急事態宣言が手かせ足かせになり、毎日制約の多い不自由な生活を強いられています。そこに梅雨の鬱陶しさが加わり、ストレスが溜まります。コロナ感染拡大は全国的に拡散する勢いで、歯止めがかかりません。頼みのワクチン接種でモタツイているうちに、コロナはサッサと変異型に姿を変え、私達の一歩も二歩も先を行っています

ワクチン接種

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年05月12日(水)

 目に青葉 山ほととぎす 初鰹

 そんな言葉の似合う季節になりました。木々の若葉が眩しく輝き、生命の躍動を感じる清々しい季節のはずですが、昨年に続き今年も新型コロナウイルスの厚い雲に覆われたままで、明るさとは無縁の重い空気が漂っています。

デジタル基本法

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年04月22日(木)

 今年の桜は暖かな陽気に恵まれたこともあり、開花から満開そして葉桜と、まるで駆け足のように目の前を通り過ぎて行きました。コロナ自粛しない人が多かったので、桜は私たちに代わってコロナに配慮してくれたのかもしれません。

 さて、今国会でデジタル社会形成基本法が成立します。基本法の目玉はデジタル庁の設置ですが、役所の新設はスタートラインであってゴールではありません。縦割りの役所が1つ増え、大臣が1人増えるだけで終わりにならないよう願っています。

ダイナミック・プライシング

カテゴリ: 今月のコラム 作成日:2021年04月09日(金)

 最近、ダイナミック・プライシングという言葉を見聞きする機会が増えました。JRが、新型コロナウイルス対策の一環で、ダイナミック・プライシング導入を検討しているということでも注目されるようになりました。

 鉄道料金は、始発から終電まで同一区間であれば同一運賃で、時間帯によって変動することはありません。早朝割引もなければ、深夜割増もありません。終電時間の繰り上げの次は、3密対策を兼ねて運賃体系の見直しを検討しているようです。

Copyright © 税理士法人水垣会計パートナーズ All Rights Reserved.-ログイン-